ブログ

マイナスイオンの効果

マイナスイオンが髪に良いとされる3つの理由を分かりやすく解説

マイナスイオンが髪に良いとは言われていますが、実際にどのように良いのかと疑問に思っている方が多いのではないでしょうか。この記事では、マイナスイオンとは何なのか、髪に取り入れることでどのような効果があるのかを解説していきます。

はなぶたくん
マイナスイオンが髪に良いと言われていますが、どう関係があるのですか?

オーナー
確かにマイナスイオンが髪に良いといわれてもピンと来ないよね。でも、マイナスイオンは髪を守り美しくしてくれるんだ。

はなぶたくん
そうなんですか!その理由を教えてください

オーナー
了解!それじゃマイナスイオンが何故髪に良いのか詳しく見ていこう

スポンサーリンク

髪を守りツヤを出す役割があるキューティクル

髪にはキューティクルという一番外側にある「髪の毛を守ってくれる」バリアがあります。紫外線からの刺激を守ったり、内側の水分や栄養分を保ったりするなど、髪の毛にとって大事なものです。

綺麗な髪の毛だと感じる方や天使の輪と言われるようなサラサラの髪の毛の人はこのキューティクルが綺麗な状態となっておりツヤが出ているからです。

逆に何かの原因でキューティクルが髪の毛から落ちてしまうと髪の毛がパサついて広がってしまったり、水分などが外に流れてしまいます。髪の毛が乾燥している時や広がっているときはキューティクルが剥がれている状態の可能性が高いです。

キューティクルが剥がれてしまうと髪の毛が無防備状態となり、ダメージがひどくなりますので、キューティクルのケアは必要となります。

キューティクルが剥がれてしまう4つの原因

髪の毛の不満

髪の毛を守る役割があるキューティクルですが、剥がれてしまう原因についてひとつずつ紹介していきます。

熱によるダメージでキューティクルが焦げる

キューティクルは熱に弱くデリケートです。例えばヘアアイロンやドライヤーなど高温のものを髪の毛の同じ部分に当て続けるとキューティクルが焦げてしまい剥がれてしまいます。

高温のものを使用する場合には、トリートメントをつけることでキューティクルが保護され、剥がれにくくなります。

髪の毛が濡れた状態が続きキューティクルが広がる

ドライヤーなどを使うとキューティクルが剥がれてしまうと説明しましたが、だからといって、ドライヤーで髪を乾かさず、濡れたままにしておくのも危険です。

キューティクルは水分を含むと広がる性質を持っており、髪の毛の内部が外に出ている為、ダメージが受けやすい状態になっています。シャワーを浴びた後、自然乾燥をするとキューティクルが広がったまま髪の毛が乾いてしまい、ゴワついてしまうのです。

キューティクルを乾かすと元通りになり髪の毛を守ってくれるので必ずドライヤーで乾かしましょう。

カラーリングやパーマの薬剤でダメージが広がる

キューティクルをケアしたいのであればカラーリングやパーマなどはなるべく控えた方がいいでしょう。

カラーリングやパーマの薬剤は、髪の毛の中に浸透させるためにキューティクルが開くようになっています。キューティクルが正常な状態で一度のカラー・パーマをするのであれば基本的に問題はありませんが、初めからダメージを受けてキューティクルが剥がれかかっている状態で行うと完全に剥がれてしまいます。

綺麗なカラーリングやパーマをしたいのであれば、キューティクルは常にケアをしておきましょう。

プラスイオンと静電気でキューティクルが剥がれやすくなる

髪の毛が乾燥をしたり、ダメージを受けるとプラスイオンが大量発生し、ブラシで髪をとかすときなどに静電気が発生しやすくなります。

静電気が起こると髪表面のキューティクルが剥がれやすくなるのです。また、乾燥していることで頭皮にホコリがつきやすくなり、かゆみや皮膚トラブルを起こしやすくなります。

プラスイオンが発生する原因としては先ほど説明した「熱によるダメージ」「洗いっぱなし」などの他に「血行が悪い」「肌が乾燥している」などが挙げられます。

キューティクルは一度剥がれたら再生されないので要注意

キューティクルが傷んだり、剥がれ落ちた時、どのようにケアをすれば元に戻るのかといいますと、残念ながらキューティクルは一度剥がれてしまうと自然と治るようにはなっていないのです。

その為、一度キューティクルが剥がれてしまうと髪の毛を守るものはなくなり、水分が出て行ったり乾燥をして切れ毛になってしまいます。美しい髪を保ちたい方は、キューティクルが剥がれないよう注意しましょう。

髪を美しくしてくれるマイナスイオンの3つのメリット

潤いのある髪

プラスイオンなどが原因でキューティクルが剥がれやすくなるとお伝えしましたが、その反対にマイナスイオンがあることはご存知でしょうか。

マイナスイオンは-(マイナス)の電気を帯びている微粒子水のことです。1990年代に健康や美容に良いといわれて、一大ブームを巻き起こしました。では、何故マイナスイオンが髪に良いとされているのかなどをひとつずつ紹介していきます。

潤いが髪に補給される

マイナスイオンは目に見えない小さい水の分子です。この目に見えない微粒水がキューティクルから髪の毛に入っていくため潤いのある髪の毛に仕上げてくれます。

先ほどの紹介で「濡れっぱなしはキューティクルが広がってパサつく原因になる」と記しましたが、マイナスイオンは微粒水なので、髪が濡れたままの状態になるようなことはなく自然で美しい髪に仕上げることができるのです。

広がりがマシになってまとまる髪になる

髪の毛が乾燥したりするとプラスイオンが出て静電気を発生させる原因となると説明しました。マイナスイオンを髪の毛に取り入れることで、髪の電気が中和されるので静電気が発生しにくくなります。静電気が少なくなるということは、髪の毛の広がりがマシになりまとまりのある髪に仕上げやすくなるのです。

髪だけでなく様々な効果をもたらしてくれる

マイナスイオンは髪の毛だけでなく、リラックス効果、疲労した身体のサポート、細胞の活性化など様々な効果が期待されています。

これらの効果は健康に良く、生活を豊かにしてくれるものばかりです。健康的な生活を送るということは頭皮や髪の毛にも良い影響を与えることになります。

マイナスイオンを効果的に髪に取り入れる3つの方法

マイナスイオンを効果的に取り入れる

マイナスイオンを効果的に髪に取り入れる方法を3つご紹介します。

マイナスイオンドライヤーで髪に直接に取り入れる

マイナスイオンを髪に取り入れる方法の1つとして「マイナスイオンドライヤー」というものがあります。マイナスイオンを発生させるドライヤーは風とともにマイナスイオンを発生させて、髪や頭皮に当てることが可能です。個人差はありますがマイナスイオンドライヤーを使用すれば、髪に潤いが出てまとまりやすくなります。

ドライヤーを使用する前にヘアオイルやトリートメントを使って、キューティクルを保護してから乾かすとより効果的です。

普通のドライヤーに比べて静電気が起こりにくい作用がありますので、キューティクルを保護してから使用すれば、キューティクルの傷み、静電気を抑えることができるので髪の毛によって良い効果が期待されます。

マイナスイオンを出すクシやブラシを使う

クシやブラシの中にはマイナスイオンを出すものがあります。たとえば、マイナスイオンを出すと言われる天然鉱石のトルマリンを用いたブラシなどです。

髪をとかす道具にもこだわりを持って使用すれば髪がしっとりして美しい髪の毛に近づくでしょう。

加湿器で湿度を上げる

湿度が35%以下になると静電気が発生しやすくなるといわれています。部屋の湿度は50〜60%に保っておくことで、静電気が発生しにくくなり髪の毛に与えるダメージも少なくなります。マイナスイオンの効果も発揮しやすくなるでしょう。

熱で乾かさず「振動機乾燥方式」を用いたHANABUSAのドライヤー

ドライヤー

マイナスイオンドライヤーで悩む方は「HANABUSAの復元ドライヤーHome」を検討してみてはどうでしょうか。本来のドライヤーの使い方は「熱を逃がす」「できるだけ遠ざける」など熱から髪の毛を守らないといけませんでした。

一方、こちらの復元ドライヤーは熱で乾かさず振動で吹き飛ばす、新たな発想で実現した「振動機乾燥方式」を使っています。マイナス電子と育成光線を確実に届ける構造となっており、髪の毛に「しっかりとあてる」「近づける」という本来のドライヤーとは真逆の使い方をするのが特徴です。

水分を保ちながらキューティクルを引き締めるので、しっとりとまとまりのある美しい髪に仕上げることが可能です。

復元ドライヤーの使い方

髪を乾かす場合は普通のドライヤーのように遠くから風を当てると髪の毛がぼさぼさするだけで乾きません。また熱を逃がすためにドライヤーを振るとヘアーがほぐれてしまいまとまりのない仕上がりとなります。

髪に対して使う場合は、垂直にドライヤーを当てることで速く綺麗に乾かすことが可能です。またLOWモードで使用するときは近づけて使うことで効果をより発揮してツヤ感やまとまりもよくなります。更に手ぐしに合わせて動かすことで、効果をより感じることができるかもしれません。

美容目的で全身に使うことも可能

本来ドライヤーというのは髪の毛に使うものになりますが、HANABUSAの復元ドライヤーは吹き出し温度を低温にすることで髪だけでなく顔や全身にまで様々な用途に使うことが可能です。

首に当てることで首や肩のケアが可能ですし、バストに使えばバストケアの効果、ウエストの引き締め効果などが期待されるので様々な部位で使えます。また、顔に使えば引き締めや引き上げ効果などがあり、しわやハリなどの改善に期待することができます。多機能でありながら、ドライヤーと呼ぶ矛盾を楽しめるのはこの復元ドライヤーだけなのかもしれません。

多機能で充実した仕様

復元ドライヤーの大きさは幅228×奥行101mm×高さ183mmで重さは715gと軽めとなっています。

機能はHIGHモードで80℃温風、LOWモードで65℃温風で冷風機能ボタン、マイナス電子をより効果的に取り込むことができる「マイナス電子セラミックフィルター」「育成光線セラミックフィルター」がついてる他、付属品として先端ノズルや別売りにはなりますが専用スタンドなどがあります。

美容室でプロによるヘアケアを受けるのもひとつの手

美容院

HANABUSAの復元ドライヤーなどを使えば、自宅にいながら潤いのあるしっとりとした美しい髪に仕上げることが可能ですが、すぐに効果を実感したい、手っ取り早く綺麗な髪にしたいと考えているのであれば、美容室にいってプロに任せるのもひとつではないでしょうか。

HANABUSA CO+MEDICALは専任のケアリストが髪の悩みに寄り添って話を聞いて最適なメニューを提案します。髪のパサつきだけではなく「発毛促進」や「抜け毛」「薄毛」など髪や頭皮についての様々な問題の改善に取り組んでいます。また、髪の悩み別にアイテムを取り揃えているので、より施術の効果が高まることが期待できるでしょう。

マイナスイオンを上手に使って美しい髪へ

はなぶたくん
マイナスイオンって髪にとってもいいんですね

オーナー
そうだね。マイナスイオンを髪に取り入れることで静電気を防いだり、髪に潤いを与えてくれる効果があるんだ

マイナスイオンが髪の毛に良いとされるのは、乾燥から守り、静電気を発生させにくくすることで髪の毛のキューティクルを守れるからです。

また、マイナスイオンを取り入れることで潤いが髪に補給され、しっとりとしたまとまりのある美しい髪に仕上がります。

もしマイナスイオンで悩むのであればHANABUSAの「復元ドライヤーHome」を検討してみてください。髪の毛だけではなく全身に使えるので、様々な効果が期待できるでしょう。自分で行うのが手間だと感じる場合は美容室のプロに相談もできるので、効率よくマイナスイオンを髪の毛に与えられるでしょう。

髪の毛の乾燥やパサつきに悩んでいるのであればぜひ積極的にマイナスイオンを取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. うねり髪の原因は?
  2. 髪の毛チリチリ
PAGE TOP