ブログ

外食やインスタント食品の生活で起こる頭皮トラブル

 

 

一歩外へ出れば、お手軽・便利で美味しいインスタント食品や加工食品で溢れてますね!

仕事で帰る時間が遅くなって「今日は外食にしよう!」って日もあるのではないでしょうか?

わざわざスーパーへ行って野菜を買って手間をかけて手作りしなくても、

簡単に食べれるのは魅力的ですし、かえって安上がりな場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

外食やインスタント食品が多いと、栄養バランスが偏ってしまい、健康な髪を作るのに必要な栄養が不足しがちです。

また、欧米化の食事が多くなり、塩分・脂質が多くなると頭皮が脂っぽくなったり、抜け毛の増加につながります。

バランス良く、野菜をしっかり摂るなどの工夫を加えてみてください。

 

バランスを考え、朝・昼・夜、きっちり摂りましょう。

また、塩分・糖分・油分の摂りすぎに注意してください。

積極的に摂る必要があるのは以下の成分です。

 

 

 

 

 

 

 

<たんぱく質>

  • お肉…たんぱく源として最も身近なお肉。脂身が多い種類はカロリーが高いのでご注意を。
  • 魚介類…お肉よりも消化しやすいたんぱく質と言われる魚介類。
  • 乳製品…牛乳やチーズなどは、食品の中でも高たんぱく質で知られています。
  • 大豆食品…納豆、豆乳には大豆イソフラボンがたっぷり♡ビタミンBも豊富ということで、頭皮の環境を整えるのにもうってつけの食材です。

 

<亜鉛>

 

  • 牡蠣…髪の毛に良いとされる栄養素が豊富に含まれた食材。亜鉛はクエン酸との相性がいいので、牡蠣にレモンをかけて食べると栄養を吸収しやすくなります。
  • 豚レバー…抜け毛症状などに良いとされる亜鉛は、それだけでは効果があるわけではありませんが、豚レバーの場合にはたんぱく質も一緒に含まれているのでこれだけでも吸収しやすいのが特徴です。

 

<ビタミン>

 

  • ビタミンA…新陳代謝を促進し、頭皮の乾燥やフケ、かゆみを防いで頭皮環境を整える作用があります。

緑黄色野菜(かぼちゃ、にんじん、ほうれん草など)、レバー、ウナギなど。

  • ビタミンB群…B群は育毛、発毛を促していくために、優秀な働きをする栄養素です。

レバー、卵、大豆、乳製品、緑黄色野菜など。

  • ビタミンC…頭皮環境を正常化、コラーゲンやタンパク質の構成を促進する効果があります。髪の毛のトラブルの原因となる疲労やストレスの回復にも効果があります。

レモン、キウイ、柿、みかん、ゴーヤ、焼きのりなど。

  • ビタミンE…健康な髪の毛を育てる、抗酸化作用、抗炎症作用、血行促進などの働きが詰まっている栄養素です。ビタミンCと一緒に摂取することで相乗効果が期待できます。

アーモンド、バター、マーガリン、ごま、玄米など。

 

 

不足しがちな栄養や、特に亜鉛など、普段の食事で摂取しにくい栄養などはサプリメントで補ってあげることも大切です。

 

1.髪のために良い食事は「純和食」

昔ながらの純和食が、私たちの体や髪のためにあった食事といわれております。

欧米化した食事は塩分・糖分・油分が多いため注意が必要です。

 

2.必要な栄養素は意識して摂取しましょう

髪や頭皮の状態から、必要な栄養を意識して摂取することが大切です。

こまめに摂取することも大切です。

 

 

 

 

身体は食事で作られるといっても過言ではないのでしっかり意識して栄養補給していきまょうね!

スポンサーリンク

 

 

育毛・増毛・ヘアケア専門サロン

HANABUSA CO+MEDICAL

(ハナブサ コ・メディカル)

石川県 金沢市 藤江北2−302

予約TEL:076−267−1230

営業時間:10時〜20時

(日・祝/9時〜19時)

定休日:月曜日・火曜日

関連記事

  1. ウィッグ着用時のかゆみを抑えるヘアケア
  2. 頭を洗う女性
PAGE TOP