ブログ

間違ったシャンプーのやり方では髪が傷む?!ヘアケアの基本、シャンプーのやり方。

こんにちは、コメディカルです。

 

皆さんが当たり前のように毎日行っている「洗髪」について。

適当にしてませんか??笑

毎日の積み重ねですが、間違ったやり方だと髪の毛を傷めてしまうんです。そこで今回は見直しも兼ねてシャンプーの基本についてお伝えしていきます。

これは、花王のヘアケアサイトでも紹介しています。是非実践して、カラーやパーマをしていても美髪を実現させちゃいましょう。

 

①シャンプーの前に手ぐしで髪をとかします。目の粗いブラシやパドルブラシでもOKです。濡れた時の髪のもつれを防ぎます。

 

②最初に水洗いをして大きな汚れを落とします。シャンプーの泡立ちを助けます。お湯は38度が理想的です。

 

③シャンプーは、手の平に広げるか泡立てて使いましょう。髪ではなく、頭皮中心につけます。髪が傷んでいるところに直接つけると髪に染みこんでしまいます。

 

④洗うときは、爪を立てないように指の腹で地肌中心にマッサージするように、頭の周囲の汗をかくところなどを中心によく洗います。地肌用のマッサージブラシも効果的です。一方で、毛先は絶対にこすり洗いしないことです。毛先の汚れは泡が通るだけで落ちていきます。

 

⑤すすぎは十分に行いましょう。地肌や髪にぬるつきが無くなるまでしっかりすすぎましょう。

 

⑥コンディショナーは水気をとった髪の毛先中心につけて、地肌には極力つけないようにしましょう。

 

⑦タオルドライも強くこするのが厳禁です。叩くように水気をとっていきます。

 

⑧髪を乾かすときにはドライヤーを使います。長時間濡れたままで放置させないようにしましょう。ドライヤーの際、強く髪を引っ張らないように心がけましょう。さらに、髪は熱に弱いので、熱風の場合は吹き出し口から10cm以上離してお使いください。完全に乾くまでドライヤーを使いましょう。そして完全に乾いたら最後に冷風で仕上げることで髪がまとまります。

 

どうでしたか?少し意識するだけでも変わってくると思いますよ♪

 

使用感や香り、値段でシャンプー剤を決めることも大事ですが、毎日使うものだからこそ、成分や肌に良いものなのかを調べて使ったもらった方がいいと思います。オーガニックやノンシリコン!というパッケージだけで決めがちですが、大事なのは裏面の成分表なんです。笑

頭皮は植物でいう土なので、土壌が良くないとキレイな花が咲かないのと同じで健康な髪の為には頭皮ケアは重要になります!

 

髪や頭皮に対するお悩みなど、いつでもご相談ください。

 

育毛・増毛・ヘアケア専門サロン

HANABUSA CO+MEDICAL

(ハナブサ コ・メディカル)

石川県 金沢市 藤江北2−302

予約TEL:076−267−1230

営業時間:10時〜20時

(日・祝/9時〜19時)

定休日:月曜日・火曜日

スポンサーリンク

関連記事

  1. 鏡を見る女性
  2. 髪の毛 ダメージ
PAGE TOP