ブログ

正しいヘアサイクルと発毛を活性化させる方法!

毛髪診断士の西です。

 

「年齢とともに髪の毛のボリュームがなくなってきた」

「急に髪が細くなってきた」

「抜け毛が多い」

など、男性だけでなく女性の髪の毛に対するお悩みが増えてきています。

 

ざっくり言うと、生えて→抜けて→生えての繰り返しでサイクルが行われるのですが、そのサイクルが乱れてしまうと、髪の太さや本数が維持できなくなり、変化してしまうのです。

 

 

ヘアサイクルとは?

 

毛髪には一定の寿命があり、シャンプーやブラッシングをすると、髪の毛が抜けますよね。1日50〜80本は自然に抜けて、100本までは正常範囲の抜け毛といわれています。

毎日あんなに抜けているのに毛髪が完全になくならないのはなぜでしょうか?

男性は2〜4年、女性は3〜6年で、寿命に達すると脱毛し、また新しい毛が生えてきます。毛髪が脱毛と新生を繰り返すことを「ヘアサイクル」といい、正常なサイクルを繰り返している限り、薄毛になることはありません。

薄毛の方の多くは、成長期と休止期の期間が逆転していてサイクルが乱れていると考えられるため、育毛とはヘアサイクルの乱れを元に戻すことともいえます。

 

 

成長期

成長期はまさに髪の毛が成長する段階です。毛細血管の血流から栄養を受けた毛は、毛母の細胞分裂によって次々と上へ押し上げられて伸びていきます。毛髪の数は約10万本あるといわれていますが、その約87%が成長期の段階で、2〜6年で退行期に変わります。成長期が長ければ、髪はその分成長して太くなる傾向があります。

 

退行期

退行期では毛乳頭の働きが鈍くなり、毛は毛包の上方に移動し抜けやすくなります。毛髪の約1%が約2週間の退行期を経て休止期になります。

 

休止期

毛乳頭の働きが完全に中止し、毛根が毛乳頭から離れ、毛髪に栄養が届かず抜けてしまいます。(毛髪の約12%)

 

毛髪は1本1本ヘアサイクルが異なり、脱毛の時期がズレるため、通常は一度にまとめて抜けることはありません。また、ヘアサイクルは一生続くものでははく、15〜30回といわれているので正しいサイクルに戻すことがとても重要です。

 

 

最新の育毛効進理論 ー育毛のポイントー

 

発毛を活性させるポイントを紹介します。

 

頭皮の弾力アップ

頭皮の弾力(厚み)は血管の太さや抜けやすさに影響を与えます。頭皮に弾力が無くなり硬くなると、血管が圧迫され、自身の持つ血行促進力を損ないます。

頭皮が硬くなる要因は『加齢・ストレス・睡眠不足・遺伝』など様々です。育毛剤や美容液を塗布後に頭皮マッサージを行うなど、頭皮の弾力を高め、血行促進を行こないましょう。

[・大豆エキス ・水溶性コラーゲン]

 

頭皮・毛穴の清浄化

毛穴も呼吸しているため、皮脂やシリコンにより毛穴が塞がれると、毛乳頭の働きが弱まり、脱毛の原因となります。

また、皮脂は紫外線や体内から放出される活性酸素によって酸化されて「過酸化脂質」という悪い脂に変質することがあります。その過酸化脂質が毛乳頭を攻撃して脱毛を引き起こすこともあるため、毛穴を清潔に保つことが抜け毛予防につながります。

[・フラーレン ※ノーベル賞受賞成分]

 

自律神経の調節

交感神経と副交感神経の二つを合わせて自律神経と呼びます。

この自律神経は体の様々な働きに大きく関与していますが、「育毛」においては、血流や皮脂分泌、ホルモン分泌に影響を与えています。

ストレスや生活習慣の乱れにより自律神経の調整機能が低下すると、円形脱毛症の原因にもつながります。

[・セファランチン]

(多様)な経路が(交わる)と言う意味の名をもち、

その名のとおり様々な健康効果をもつ万能なツボ「百会」は自律神経と直結しているので、

シャンプーしながら、お風呂上がりに、思いたったら、是非押してください!

 

血行促進

毛根の血行促進とは、毛乳頭という「髪の毛を作る工場」にエネルギー(栄養分)を送るイメージです。

毛乳頭は血液から得られる様々な栄養分を得て、毛母細胞への文化促進、そして毛髪成長へと導きます。

ツボ押しやマッサージも効果的です。

[・セファランチン ・ヘスペリジン(ビタミンP) ・VEGF]

 

 皮脂腺の調節

皮脂腺の調節機能が低下するとオイルバランスが乱れ、余分な脂を分泌したり必要な脂が出なかったりといった症状があらわれます。その結果、フケやかゆみ、脂漏性脱毛やフケが原因の粃糠性脱毛を引き起こすケースもあります。

自律神経の影響を受けやすいため、ストレス発散に努めたり、自分にあったシャンプーを選ぶことも大切です。

[・セファランチン ・カラフトコンブエキス]

 

 

ざっと書きましたが、頭皮がきれいで栄養が行き届く状態であれば

なんの問題もないと言うことです。

まずは、ご自分の頭皮状態をチェックしてみてはいかがでしょうか。

HANABUSA CO+MEDICALでお気軽にご相談ください✨

 

育毛・増毛・ヘアケア専門サロン

HANABUSA CO+MEDICAL

(ハナブサ コ・メディカル)

石川県 金沢市 藤江北2−302

予約TEL 076−267−1230

スポンサーリンク



関連記事

  1. 髪を触る女性
  2. ヘアセットする女性
  3. 産後の薄毛
  4. 毛先を気にする女性
  5. 薄毛を気にする女性
  6. うねり髪の原因は?
PAGE TOP