ブログ

女性の薄毛対策はホルモンバランスがカギ!髪・頭皮のトラブルとホルモンバランスの関係は?

女性の薄毛対策は、毎日丁寧なヘアケアをしたり、育毛剤などで本格的なケアをする方法が多く取り入れられていますが、ホルモンバランスを整える方法も、実は髪と頭皮の内側からより良い変化を実感できるメソッドとなっているんです。

ここでは、女性の薄毛とホルモンバランスに、いったいどのような関係性があるのか、ホルモンバランスを整える良い生活習慣や食生活と、押さえておきたい注意点を合わせてご紹介していきます。

スポンサーリンク

女性の薄毛とホルモンバランスの関係性|美髪を育てる女性ホルモンとは?

女性ホルモンには、エストロゲン・プロゲステロンという種類が存在していて、このふたつのホルモンバランスを整えることこそが薄毛の効果的な対策になると言われています。

ここでは、女性の薄毛にとくに大きくかかわりのある女性ホルモンのひとつ、エストロゲンの役割と減少によってどんな影響があるのかを参考にしてみましょう。

女性の髪とエストロゲンの関係性

女性らしいスタイルや美肌、髪質などに大きなかかわりのあるエストロゲンは、その分泌が活性・安定していると、髪の毛の成長期が伸びると言われています。

女性ホルモンのひとつ・エストロゲンは、髪の成長期を伸ばすことで、

  • 太くしなやかな美髪を育てる
  • 頭皮環境を健やかな状態に変え、維持する
  • 薄毛になるトラブルを未然に防げる
  • 美しく丈夫な髪、頭皮環境を長く維持する

などの働きがあり、女性の健康と美容の要となる自律神経の安定にも一役買ってくれます。

エストロゲン分泌低下による女性の髪への影響

女性の薄毛対策に欠かせないホルモンのひとつ・エストロゲンは、その分泌が不安定になると、いったいどんな良くない影響を髪・頭皮に与えてしまうのでしょうか?

加齢やストレス、食生活や睡眠の質の低下などが原因のエストロゲン分泌の低下は、

  • 髪が生えるサイクルを不安定な状態に変える
  • 髪質がより繊細になり、抜けやすくなる
  • 髪質が細く、うねりや抜け毛、切れ毛が増える

など、薄毛を進行させてしまうトラブルが目に見えて実感できるようになってしまいます。

またエストロゲン分泌の低下は、薄毛ばかりではなく女性の心身・お肌にも良くない影響を与えるため、美と健康のバロメーターともなっているんですよ。

女性の薄毛対策にはホルモンバランスがカギ!ホルモンバランスを整える良い習慣とは?

女性の薄毛対策に、頭皮と髪、カラダの内部からアプローチしてくれるエストロゲンは、次のような習慣を押さえておくと、バランスが安定し、薄毛が改善されることはもちろん、美容や健康、ダイエットの面でも大きなメリットを期待できるようになります。

女性の薄毛の根本的なポイントとなるホルモンバランスについて、このリズムを整える良い生活習慣をひとつひとつ参考にしてみましょう。

大豆製品・タンパク質食品をたっぷりと摂取しよう

女性の薄毛に欠かせない、頭皮と髪、カラダの内側からのアプローチケアには、毎日の食事の栄養バランスがキーポイントとなっています。

栄養バランスの取れた食事内容を意識しつつ、女性ホルモンと似たような働きをするイソフラボンが含有された大豆製品や、髪や成長ホルモンの材料となるタンパク質含有の食品をたっぷりと食べるようにしましょう。

豆類や豆腐、納豆や豆乳、お味噌やきな粉などの大豆製品には、

  • 女性の薄毛のケアに役立つエストロゲンの分泌を活性する
  • 頭皮の血行を促進し、頭皮と髪の内部に必要な栄養成分を送り届ける

などの特徴・役割があります。

代わって肉類・魚類・乳製品などのタンパク質には、

  • 丈夫な髪を育てるための栄養成分が豊富
  • 30%程度のコラーゲンを含有し、ツヤとコシのある髪質へ導く
  • 年齢とともに分泌が不安定になる成長ホルモンの材料となる

などの役割・特徴があり、女性ホルモンのバランスを整えつつ、毎日をアクティブに・軽やかに過ごすための栄養源となります。

女性の薄毛に役立つ大豆製品・タンパク質を多く含む食品は、身近なマーケットでもリーズナブルに・手軽に購入できる種類ばかりとなっていますので、無理なく負担を感じずに取り入れていくことができますよ。

ピンクカラーのファッションアイテム・小物を活用する

どんなタイプの女性でも品よくキュートに、女性らしい魅力を引き出してくれるピンクカラーのファッションアイテム・小物は、

  • 女性の薄毛の原因となるストレスや不安を緩和、予防する
  • 女性ホルモンの分泌を活性する

などの効果がさまざまな研究結果からも報告されています。

女性のホルモンバランスは、目に見えないものですので、整えるのにハードルの高さを感じるものですが、ピンクカラーのファッション・小物類を活用するだけで、カラダやココロの内部にダイレクトにアプローチできるところが手軽に感じますね。

手軽な運動を習慣にしてみる

女性の薄毛対策に重要な女性ホルモンを整えるためには、決してハードな運動は必要ないと言われているんです。

ゆったりと自然の中を散歩したり、ヨガや軽いストレッチをするだけでも、女性ホルモンが整ってストレスを感じなくなったり、全身の血液のめぐりが活性化するため、頭皮と髪の内部に必要な栄養成分が行きわたりやすくなります。

カラダを冷やさない温活習慣を

カラダの冷えは、実は女性ホルモンのバランスを低下させ、薄毛につながってしまうだけではなく、心身のさまざまな不調を引き起こすと言われています。

カラダの冷えは、女性ホルモンが分泌される卵巣の機能を低下させてしまうため、

  • 冷たい飲み物の摂取を控える
  • 毎日の水分補給を白湯などにシフトする
  • 41~42℃程度の湯温に調整してゆっくりと入浴する
  • 薄着を避け、羽織りものなどで体温調整をしておく

などの習慣を心がけておくようにしましょう。

カラダを温め、保温される時間が長くなればなるほど、女性ホルモンが分泌される卵巣の健康・機能が守れるようになるので、ライフスタイルにできる限りの温活を取り入れてみてくださいね。

ホルモンバランスの乱れから薄毛につながる良くない習慣とは?

女性ホルモンのバランスを整え、美髪・健やかな頭皮環境を目指すための良い習慣は、手軽にできる方法ばかりでしたね。

では、女性ホルモンのバランスが崩れ、薄毛につながりやすい良くない習慣には、髪と頭皮にどんな悪い影響を与えてしまうのでしょうか?

普段何気なくしていたその習慣が、女性ホルモンのバランスを崩し、薄毛につながってしまうこともあるので、ここでは良くない習慣についてもじっくりと参考にしてみましょう。

過度の飲酒

アルコールは気持ちが明るくなり、カラダがじんわりと温まるメリットがあるため、薄毛対策・女性のホルモンバランスにそこまで良くない影響は与えないイメージがありますよね。

適度なアルコール摂取であれば問題はないのですが、毎日のようにたくさんのお酒を呑むことは、女性ホルモン・髪・頭皮環境に良くない影響を与えてしまうことがあります。

アルコールにはそもそも、健やかな髪・頭皮環境のための材料・栄養成分となる、タンパク質や亜鉛を分解し、これらの栄養の働きを低下させてしまう心配が。

また過剰にアルコールを摂取してしまうと、脳や神経が興奮状態になり、良質な眠りを得ることが難しくなり、髪・頭皮の細胞ダメージを修復する成長ホルモンの分泌までが不安定になってしまうのです。

ストレスを発散できないでいる

仕事や家事、育児などで毎日を忙しくしていると、知らず知らずの内にストレスがたまることもありますよね。

ですが上手にストレスを解消しないと、女性ホルモンや自律神経、細胞などに常にダメージがかかり、薄毛はもちろん、心身の不調も併発してしまうようになります。

ストレスはとくに、丈夫な髪を生やし、頭皮環境を育てるための血行の乱れを不良にしてしまったり、毛根を傷つけて薄毛のトラブルが長期化するリスクもあるので、リラックスできる時間を長く作ったり、心身の不調を感じたらできるだけ早めに運動や音楽を聴くなどのリフレッシュ法を取るようにしましょう。

~おわりに~

女性のホルモンバランスを整えると、気になる薄毛の改善・予防はもちろん、心身・お肌にもより良い変化を実感できるようになり、女性らしい美しさを手に入れていくことができます。

毎日の丁寧なヘアケアと、心身の内側からのホルモンバランスのケアを並行しながら、より美しく豊かな髪が育つ変化を期待してくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 女性 洗髪
  2. 女性の薄毛予防に効果的なブラッシング方法4つのコツ
  3. 貧血は薄毛の原因に!
PAGE TOP