ブログ

女性の髪の健康・育毛には食事の栄養がカギ!髪と頭皮に良い栄養成分とは?

女性の健やかな髪質・頭皮環境は、普段食べている食品の栄養素から作られているといっても過言ではなく、栄養と育毛の関係性は、女性にとって押さえておきたい永遠の美のテーマなのではないでしょうか?

毎日丁寧なヘアケアを習慣にしようと心がけていても、育毛・髪質改善・トラブルの予防効果がなかなか実感できないと感じた場合は、もしかすると、食事の栄養バランスが崩れ、髪・頭皮に必要な栄養成分が行きわたっていないサインかも…!?

ここでは、髪と頭皮の健康に、食事の栄養バランスが重要な理由と、育毛効果を髪と頭皮の内面から引き出す、積極的に取り入れたい栄養成分をまとめてご紹介!

髪と頭皮のインナーケアとなる、具体的な栄養成分をさっそく参考にしながら、毎日の食事にバランスよく取り入れていってくださいね。

スポンサーリンク

髪の育毛には食事の栄養バランスが重要!気になるその理由とは?

抜け毛・薄毛は、加齢や紫外線ダメージばかりではなく、食事の栄養バランスの乱れも、大きな原因となることがあります。

髪の育毛の基礎知識、ここでは食事の栄養バランスが重要な理由について参考にしながら、今までの食生活を見なおすきっかけに役立ててくださいね。

ヘアケアだけでは育毛は難しい

女性が髪と頭皮のトラブルを気にして、育毛につながるケアを考えた時は、大多数の人がシャンプーやトリートメント、育毛剤などのヘアケアアイテムの見直しをするのではないでしょうか?

もちろん、このメソッドは決して間違いではないものの、シャンプーや育毛剤などのヘアケアアイテムだけでは、育毛効果を最大限に引き出すことが難しいと言われています。

それは、どんなに丁寧で正しいヘアケアを心がけ、実践していても、食事の栄養バランスが崩れていると、ヘアケアアイテムにブレンドされた栄養が髪・頭皮に行きわたらなくなるため。

そもそも食品から摂取できる数々の栄養成分は、

  • 頭皮のめぐりを活性化してリズムを整える
  • 頭皮や髪の冷えを予防し、栄養を巡らせる
  • 紫外線ダメージやストレスによる活性酸素発生を抑え、細胞の老化を食い止める
  • 髪と頭皮に必要な栄養成分を内側から補う

などの重要な役割を担っています。

ヘアケアアイテムは、頭皮・髪の表面的なアプローチになるため、栄養バランスが乱れた食生活では、これらの機能・効果が活きなくなってしまうリスクもあるのです。

食品からの栄養摂取は髪・頭皮の内側からアプローチできる

育毛剤やシャンプー・トリートメントなどの育毛に役立つアイテムは、髪・頭皮のみに、外側からしか作用できないウィークポイントがあります。

食品から髪・頭皮に必要な栄養成分を摂取することは、髪・頭皮の内側から表面に向かって、たっぷりの栄養を補うこととイコールに。

そのため、食事の栄養バランスが整えば整うほど、育毛剤やシャンプーの機能が活き、髪と頭皮の内側から健やかな環境へと仕上げることができるようになります。

食事の栄養バランスが整うと薄毛や抜け毛の原因が解消できる

女性の育毛が思うように実感できない、抜け毛・薄毛のトラブルが長期化している場合は、睡眠の質が低下していたり、運動不足やストレスを解消できないままに溜め込んでしまっていることも大きな原因。

食事の栄養バランスを整え、いろいろな栄養を補うように心がけると、自律神経・女性ホルモンのバランスの両方が安定し、ストレスを感じなくなり、メンタル面のゆらぎが少なくなります。

すると、薄毛・抜け毛の原因を根本的に解消しながら、育毛はもちろん、美容や健康にもアプローチしていくことができます。

食事の栄養バランスは女性ホルモンとのかかわりが大きい

女性の薄毛は、男性ホルモンが優位に立ち、女性ホルモンのバランス・分泌が乱れていることも原因と言われています。

とくに女性特有の抜け毛・薄毛のトラブルは、女性ホルモンによる原因が大きいとされ、食事の栄養バランスを整えることで、カラダ・頭皮・髪の内側から育毛につなげていくことができます。

育毛によい食品の栄養成分の中には、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと同じ働きをする種類が多く、この栄養成分は女性の髪の毛の成長・育毛効果を引き出すヘアサイクルの乱れを改善・安定する効果が期待できます。

シャンプーや育毛剤にも、女性ホルモンのバランスを整える成分が多く使われているのですが、食品からの摂取は副作用の心配がなく、頭皮・髪・環境のすべてにやさしく安心、安全な育毛ケアができますよ

髪の育毛に必要な栄養成分×食品を参考にしてみよう

髪の健康・育毛には、丁寧で正しいヘアケアばかりではなく、頭皮・髪の内側からのインナーケアが重要なことがわかりましたね。

では実際に、どんな栄養成分×食品が、女性の髪の育毛を促進・活性化させてくれるのでしょうか?

今日からすぐに食事に取り入れるべき、髪の育毛に必要な栄養成分・食品を参考にしてみましょう。

髪の三大栄養素のひとつ~タンパク質~

美しくしなやかで丈夫な髪・健やかな頭皮環境へと導く三大栄養素のひとつ、タンパク質は、

  • 髪の毛を作るケラチンの原料となる
  • タンパク質の摂取は、体内で分解・結合後に髪が生成されるようになる

などの役割があり、丈夫な髪質を目指すために、なくてはならない栄養成分とされています。

タンパク質を多く含む食材は、

  • 肉類
  • 魚類
  • 乳製品
  • 大豆製品

などがあり、とくに鶏肉・大豆製品のタンパク質は、上質で低カロリー、ヘルシーな栄養成分となっているので、育毛を意識しつつも健康状態・ダイエットにも気を配りたい女性にオススメです。

肉類・魚類の動物性のタンパク質は、過剰な摂取をしてしまうと薄毛につながりやすいという研究結果も報告されているため、できるだけ脂質の少ない食品からタンパク質を摂取することがポイント◎

タンパク質の一日の目安の摂取量は、体重×0.7がベストと言われているため、体重に合わせてタンパク質の摂取量を調整すると、栄養過多になる心配がなく、体質・髪質に沿ったタンパク質をバランス良く摂取できますよ。

髪の成長を促す栄養成分~ミネラル群~

頭皮・髪の内側からの育毛に欠かせない亜鉛などのミネラル群は、髪の毛を成長させる役割を持ち、

  • 丈夫な髪を育てる毛母細胞の増殖にアプローチする
  • 女性の薄毛、抜け毛の原因となる男性ホルモンの発生を抑える

などの効果が期待されています。

亜鉛は、とくに何のきっかけもなく、1日に15mlほどが消費されやすいデリケートな栄養成分となり、アルコール・喫煙、過度なストレスでも減少してしまうと言われています。

女性の亜鉛の摂取量は、1日当たり35mg程度と言われているため、

  • カキなどの魚介類
  • イワシ
  • 納豆
  • ナッツ類
  • ココア
  • 抹茶
  • ゴマ
  • チーズ

などを、毎日の食事や間食に上手に取り入れてみるようにしましょう。

種類によって役割が変わる育毛にオススメの栄養成分~ビタミン群~

育毛や発毛、増毛に特化したヘアケアアイテムにも多く使用されているビタミン群は、その種類によっても髪・頭皮へのアプローチ・役割が変わってきているんです。

まず、育毛に役立つビタミン群のひとつめ、

  • ビタミンB2
  • ビタミンB6

は、髪を生やす毛母細胞の代謝を促進させる働きや、皮脂の分泌量をバランス良くコントロールして、頭皮の毛穴詰まりを改善・予防する効果が期待できます。

髪と頭皮の乾燥・皮脂分泌のバランスの乱れが気になる女性にもオススメのビタミンB2・ビタミンB6は、

  • 納豆
  • ニンニク
  • 豆類
  • ナッツ類

に豊富に含有されているため、3回の食事に積極的に取り入れるようにしましょう。

育毛に役立つビタミン群、ふたつめは、ビタミンC!

女性にとってのビタミンCは、どちらかというとお肌の美容に役立つイメージがあるかと思いますが、実は頭皮環境・髪の健康・育毛に欠かせない栄養成分となっています。

ビタミンCの気になる役割・期待できる効果は、

  • 血管を丈夫にし、血液のめぐりをスムーズにする
  • ストレスを緩和するホルモンの分泌を促す
  • 育毛に欠かせない栄養成分、亜鉛の機能を引き出す

などがあり、育毛はもちろん、女性が気にすることの多い髪と頭皮のエイジングサインのケアにも役立つ栄養成分となっています。

ビタミンCは、ストレスや紫外線ダメージ、疲労や発汗などで、減少・不足しやすい成分となっているため、

  • フルーツ全般
  • 緑黄色野菜全般
  • 根菜類

を多めに摂取し、頭皮と髪の内側からのアンチエイジング・育毛を目指していきましょう。

次にお伝えする育毛に役立つビタミン群・ビタミンAは、

  • 新陳代謝を促進して健やかな頭皮環境に導く
  • 髪の原料となるケラチンの生成をサポートする

などの役割・効果が期待でき、

  • 魚介類
  • キノコ類

に豊富に含有されています。

髪の育毛効果が半減!?髪・頭皮に良くない栄養・食生活とは?

髪の育毛・健やかな頭皮環境を目指せる栄養成分は、手軽・リーズナブルに購入できる、身近な食品から摂取できるので、忙しい女性にでもすぐに実践することができそうですね。

ここでは、意外に見落としてしまうことも多い、髪の育毛効果に良くない影響を与えてしまう栄養と、食習慣のウィークポイントについて一緒に見ていきましょう。

刺激物の過剰な摂取

スパイスやカフェインを含むコーヒー、紅茶などは、1日2杯程度であれば問題はないものの、過剰に摂取してしまうと頭皮・髪の刺激になり、育毛効果が半減してしまうリスクがあります。

脂質・油分の多い食品

加工食品やインスタント食品は、頭皮の皮脂分泌を過剰にし、毛穴を詰まらせてしまう動物性の脂肪や油分が多く含有されています。

脂質・油分の多いこのような食品を頻繁に摂取してしまうと、血液の内部に悪玉コレステロールが溜まり、これが毛根細胞・毛根へ運ばれると、血液の老化の進行スピードが速くなり、抜け毛から薄毛につながるリスクがあるのです。

アルコール

女性にとっては、ストレス解消・リフレッシュ・リラクゼーションにつながりやすいアルコールも、実は育毛には良くない影響を与えてしまう飲料。

アルコールには、髪と頭皮の栄養源となるタンパク質・亜鉛などを分解してしまう作用があり、過剰な摂取をすると、眠りの質が浅くなるため、頭皮・髪の育毛のインナーケア効果が半減してしまうおそれがあります。

糖質が多く含まれている食品

たくさんの女性が好む、ケーキやアイスクリームなどの食品は、そのまるごとが糖質・脂質でできているといっても過言ではありません。

糖化現象という、美容に良くない影響を与えてしまう糖質は、過剰に食べすぎると髪のツヤ・コシを維持するコラーゲンが不足・減少し、乾燥しやすくまとまりにくいパサパサの髪に変わってしまうリスクが。

また、糖質の過剰な摂取は、血管を傷つけて血液の質をドロドロに変えてしまう心配があるので、食べ過ぎには十分な注意が必要になります。

育毛に役立つ栄養成分を補うために|オススメのヘアケア習慣とは

育毛に役立つ食品・栄養成分は気楽に取り入れやすいメリットがあるものの、

  • 頭皮環境の乱れ
  • 頭皮と髪の冷え
  • 頭皮と髪の汚れ

などのトラブルがあると、育毛に効果的な栄養成分をたっぷりと摂っていても、その機能が活かされず、体外へ排出されてしまう心配があります。

そのためにも、次のようなヘアケア習慣をポイントにして、育毛に役立つ栄養成分との相乗効果を狙っていきましょう。

シャンプー時に頭皮マッサージを

頭皮マッサージは、シャンプー時に一緒にやってしまった方が、毎日の習慣になりやすく、余計な手間・時間もかからないメリットがあります。

頭皮マッサージは、

  • 毛穴の奥深くに溜まったままの汚れを引き出して洗い流す
  • 頭皮の血行を促進する
  • 薄毛や抜け毛を気にするストレスの解消、リフレッシュ

などのメリットがあり、頭皮と髪を表面からダイレクトにケアしつつ、メンタル面のリフレッシュにも役立ちます。

頭皮の冷えや日焼けに要注意

頭皮の冷えや日焼けは、血液のめぐりを不安定にさせ、食事から摂取された栄養成分が行きわたらなくなってしまう心配が。

秋冬はとくに頭皮と髪の冷えに注意し、紫外線量が強力な春や夏場は、帽子や日傘、髪専用の日焼け止めスプレーを活用するなど、季節に合った対策で育毛につながるヘアケアを習慣にしていきましょう。

~おわりに~

髪の育毛・髪質改善・頭皮環境のケアに役立つ食品・栄養成分は、女性の美容と健康、メンタル面の安定にも役立つ要素が凝縮されているので、食生活がより良く変わっていくたび、女性それぞれの魅力が引き出されていくはず!

栄養満点、食べて美味しい食品×栄養成分の育毛ケアで、何気ない食事時間が髪の美しさ・健やかな頭皮環境につながるひとときに変わっていくとよいですね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 髪を気にする女性
  2. 女性 洗髪
PAGE TOP