ブログ

育毛の基礎知識を学ぼう|健やかな髪を育てる育毛の基礎知識とは?

どんな女性にとっても深刻な悩み・大きなコンプレックスとなる抜け毛や薄毛、頭皮環境の悪化。

健やかで生まれたてのような美しい髪を育てるためには、育毛の基本的な知識を押さえて、毎日のヘアケア・規則正しい生活習慣に役立てていくことがもっとも重要なステップになります。

育毛といっても、押さえておきたいポイントはたくさんあるのですが、その知識をモノにしていけばいくほど、理想的な髪質・健やかな頭皮環境へのよりよい変化が実感できるようになるはず!

ここでは、意外に知られていなかった育毛の基礎知識について、髪と頭皮の健康を目指すならなくてはならない情報をまとめて参考にしてみましょう。

スポンサーリンク

【育毛の基礎知識】女性の薄毛・抜け毛の原因は年代によって変わる?

女性の抜け毛・薄毛の対策は、その原因に沿った方法を習慣付けておくことが重要。

もし、今のヘアケア・ライフスタイルの状態でも、髪・頭皮のトラブルが絶えない場合は、年代に合わせた原因とその原因に合ったアプローチが合っていない可能性もあるんです。

女性の抜け毛・薄毛の原因は、その年代によっても大きな違いがあるため、年代別の原因に合わせたヘアケア・ライフスタイルの見直しができるよう、年代別でどのような原因の違いがあるのかをまとめて参考にしてみましょう。

20代~30代前半女性の抜け毛・薄毛の原因

実は20代~30代前半の、若い世代の女性にも増えている頭皮と髪のトラブル。

髪と頭皮がまだまだ成長過程にあるはずの若い世代の女性ですが、薄毛・抜け毛の原因には、

  • ハードな食事制限によるダイエット
  • 髪と頭皮に負担がかかるヘアアレンジ

などが考えられているんです。

20代・30代前半までの女性は、人生でもっとも旬な時期・若さが何よりの魅力となる時期を過ごしていますので、美容の意識も他の年代に比べると高い傾向にあります。

そんな中、ハードな食事制限をするダイエットは、髪・頭皮の成長に欠かせない栄養成分をバランス良く摂取できないため、髪質がパサパサした状態に変わったり、頭皮の皮脂が過剰に分泌され、ニオイやべたつきなどが起こりやすくなります。

また、20代~30代前半までの女性は、いろいろなヘアアレンジンをすることが楽しく感じられるとき。

ヘアカラーやパーマなど、頭皮と髪を引っ張るような無理のかかるヘアアレンジは、髪と頭皮がもともと持っている栄養を減少させてしまい、年齢を重ねるたびに髪・頭皮のエイジングサインが目立つようになってしまうのです。

30代半ばから50代女性の薄毛・抜け毛の原因

オトナ女性の深みある魅力が一層引き出され、安定したライフスタイルを送ることができる30代半ばから50代の女性でも、

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 加齢によるもの

などの原因で、若い世代よりも薄毛・抜け毛が増える可能性はずっと大きくなると言われています。

妊娠や出産を経験した女性も多いこの年代は、健やかな髪・頭皮環境の要となる女性ホルモンのバランスが崩れ、男性ホルモンが優位に立ちやすいため、髪が育ちにくく、毛質も細くなり、切れやすい状態に変わってしまうことがあります。

【育毛の基礎知識】育毛と増毛の違いは何?

抜け毛や薄毛を気にしている女性が、育毛についての基礎知識を身につけようと考えた時、「育毛と増毛は何が違うんだろう…?」というギモンを抱いたことはありませんか?

一見同じように見える育毛と増毛には、さまざまなポイントで明確な違いがあるんです。

ここでは、抜け毛・薄毛が気になる女性が始めるべき育毛と、増毛についての違い・基本的な知識について参考にしてみましょう。

育毛と増毛はやり方が違う

育毛と増毛は、丈夫な髪を育てる・ダメージに負けないしなやかな髪質・頭皮環境へと強化していく、という共通点があるのですが、そのケア方法・対策にはいくつもの違いがあります。

まず、育毛の場合は、ヘアケアや生活習慣の見直し・改善、食事の栄養バランスを整えるなど、セルフでもできる方法がたくさんあり、実践しやすい手軽さが大きな特徴。

代わって増毛の場合は、今ある頭皮環境・髪質をできるだけ早めに改善し、クリニックなどでの専門的な診察・検査・治療・投薬などを受ける必要があるので、セルフでのケアが難しく、高額なコストがかかることもあります。

育毛と増毛は効果が違う

育毛と増毛は、似ているようでもその効果・過程にも大きな違いがあります。

育毛の場合は、セルフでできることをじっくり、時間をかけて継続する必要があるため、丈夫な髪質・健やかな頭皮環境に変わるまでには、それなりの時間がかかるものです。

代わって増毛の場合は、クリニックでの本格的な治療を受けられることで、効果に即効性があり、わずか数回の施術・治療・投薬を受けただけでも、髪と頭皮のよりよい変化に気付けるメリットがあります。

育毛と増毛は目的が違う

育毛と増毛には、この字と同じように、そもそもの目的にも大きな違いがあります。

育毛の場合は、今ある髪の毛・頭皮環境にこれ以上ダメージを与えないよう、セルフにて髪・頭皮環境を健やかに育てていくということ。

代わって増毛の場合は、クリニックのドクターのカウンセリング・診察・検査を受けて、理想的な髪を人工的に増やしていく流れとなっています。

育毛と増毛を併用することがベスト

女性の薄毛・抜け毛の基本的な対策・育毛と増毛は、それぞれにメリット・デメリットがあるため、併用をすることで、両方の効果を引き出していくことができます。

毎日の育毛セルフケアを習慣にしつつも、髪質・頭皮環境の底上げをしたい場合には、増毛の治療を受けることも検討してみるようにしましょう。

【育毛の基礎知識】育毛と発毛の違いを解説

育毛というと、同じように発毛との違いをイメージする女性も多いのではないでしょうか?

こちらも同じように見える育毛と発毛は、それぞれに育毛剤・発毛剤のヘアケア商品が展開されています。

同じように見えても役割・特徴・効果がまったく違う育毛剤と発毛剤について、どちらを使うべきか判断するための参考にしてくださいね。

そもそも育毛剤とは?

身近なドラッグストアやネット通販でも手軽に購入でき、女性の愛用者も多い育毛剤は、

  • 頭皮の血行を促進して栄養を髪と頭皮に行きわたらせる
  • 頭皮の健康に役立つ栄養成分を与える
  • 健康的な髪を育てる
  • 髪質の改善
  • 頭皮トラブルの改善と予防

などの特徴・役割・効果があり、女性の薄毛や抜け毛に、年代や肌質に問わず、幅広く使えるメリットが大きな強みとなっています。

育毛剤は、抜け毛・薄毛のトラブルがそこまで深刻ではない人や、髪・頭皮のエイジングサインが最近気になるようになってきた人に合い、センシティブな肌質にも安心・安全な低刺激・無添加処方の商品も多数販売されていますよ。

そもそも発毛剤とは?

発毛剤とは、薄毛専門のクリニックなどで使われることが多い、外用剤のひとつとして知られています。

発毛剤には、

  • ミノキシジルなどの有効成分がブレンドされている
  • 今ある髪、頭皮環境を改善する
  • 新しい髪の成長を促す
  • 毛母細胞を活性化させ、ヘアサイクルを安定化する
  • 育てた毛髪を定着させる

などの役割・目的・メリットがあり、育毛剤と比べると高額で、ドラッグストアなどの店舗では、まだまだ取り扱いが少ないと言われています。

発毛剤は、薄毛・抜け毛のトラブルが長期化している人にオススメで、安全性や効果が認可された医薬品となっているため、育毛剤よりも早めの効果実感が期待できます。

【育毛の基礎知識】育毛に役立つ成分を知ると、ヘアケア商品も時短で選べる

髪の薄毛や抜け毛、ダメージなどのトラブルが気になる際には、今使っているシャンプーや育毛剤を見なおすことからスタートする女性が多いのではないでしょうか?

女性の薄毛・抜け毛のトラブルを改善・予防に、育毛のスピードを高めていくためには、シャンプーやトリートメントなどのヘアケアアイテムを、育毛に特化した商品に見直し・変えていくことが重要になります。

シャンプーやトリートメントなどのヘアケア商品を変える際には、使用感や安全性はもちろん、育毛の効果がどれだけ得られるかというところに注目しておきたいですよね。

ここでは、育毛に役立つ成分の特徴と期待できる効果をまとめてお伝えしていきますので、ヘアケア商品の見直し・時間をかけずに選ぶための参考に役立ててくださいね。

積極的に取り入れたい育毛成分~髪を太くする成分5選~

育毛の基本的なヘアケアアイテムとなるシャンプー・トリートメントは、気楽に購入ができるものの、そのラインナップ数が多すぎて、

「どれが育毛に効果があるの?」

「髪質や頭皮環境に合った商品の判断が難しい…」

などの悩み・不安を抱いてしまった経験はありませんか?

髪の育毛には、髪質を丈夫にし、太くしなやかな毛質の髪を育てることが第一の条件!

そのためにも、次の5つの髪を太くする成分がブレンドされたシャンプー・トリートメントを選び、継続使用するようにしましょう。

  1. 亜鉛:髪と頭皮の生まれ変わりやサイクルを安定させたり、髪の原料となるケラチンを作り出す
  2. コラーゲン:髪と頭皮の線維芽細胞を活性化させ、皮膚の内部をたっぷりの栄養で満たす
  3. エクオール:イソフラボンともよばれる栄養成分で、女性ホルモンの乱れによる薄毛をカバー・ケアする
  4. ビオチン、シスチン:しなやかで丈夫な髪を育て、髪質を太くする

5αリタクターゼを抑制~女性のFAGAに効果的な成分2選~

女性の薄毛の原因は、男性ホルモンが優位に立ってしまうことで過剰分泌される、5αリタクターゼによるところがとても大きいと言われています。

数々の女性専用育毛剤の中には、女性特有の薄毛・FAGAにダイレクトなアプローチができる、5αリタクターゼの働きをブロックする商品が多数展開されるようになっています。

育毛の基本的な知識となる有効な成分は、次のような5αリタクターゼ抑制に役立つ2つの成分を参考にして、育毛剤・シャンプーやトリートメントを選ぶようにしてみましょう。

  1. ソウパルメット:ノコギリヤシともよばれる成分で、女性専用の育毛サプリや、クリニックの治療薬にも多く使われている
  2. プラセンタエキス:女性ホルモンのバランスや、髪と頭皮の生まれ変わりのサイクルを助ける成分。さまざまな研究で、女性の薄毛の原因となる5αリタクターゼの阻害作用が報告されている

【育毛の基礎知識】セルフでできるヘアケア・ライフスタイルの対処法とは

セルフでの育毛は、効果が実感できるまでにそれなりの時間がかかるものですが、育毛のためのセルフケアを続けるうち、髪・頭皮によいこと・悪いことの区別がつきやすくなり、セルフケアの失敗を未然に防げるメリットもあります。

今日からすぐに始められる、女性の薄毛・抜け毛の原因に沿ったヘアケア・ライフスタイルの対処法を一緒に見ていきましょう。

基本的なヘアケアとは

女性の薄毛・抜け毛を改善し、トラブル再発を予防しながら、髪と頭皮のアンチエイジングに役立てていくためには、

  • アミノ酸系のシャンプーにシフトする
  • 育毛剤や発毛剤を使う、または併用する

のふたつのポイントが基本に。

一般的なシャンプーは、毛穴詰まりを起こしたり、髪の原料・栄養となるタンパク質を分解してしまうリスクがあるので、髪・頭皮と同じアミノ酸系の成分をブレンドしたアミノ酸系シャンプーにシフトするようにしましょう。

また、女性の抜け毛・薄毛は加齢やライフスタイル、食生活のちょっとした変化でも、その状態が悪化してしまうこともあるため、育毛剤を使いつつ、集中的なヘアケアとして、発毛剤を常備・併用しておく方法もよいでしょう。

髪を育てるライフスタイル

美しく丈夫な髪を育てるためのライフスタイルは、

  • ストレスを溜めない
  • 良質な睡眠をとる
  • タンパク質や亜鉛、抗酸化作用成分含有の食品を摂取する

という、誰でも気楽に実践できる方法ばかり!

一般的に、健康や美容によいとされている習慣・対策は、髪・頭皮にも同じようなよいメリットを与えてくれるため、生活習慣を規則正しく立てなおすことからはじめてみるようにしましょう。

~おわりに~

育毛の基礎知識は、今までは気にしていなかった・知り得なかった情報がたくさんあり、毎日のヘアケア・生活習慣を丁寧にする意識が高まっていくようですね。

女性の髪質・頭皮環境が改善すると、清潔感があり、実際の年齢よりもグッと若く見られるなどよいことづくめですので、育毛の基本的な知識をどんどん増やして、笑顔溢れる毎日をお過ごしくださいませ!

スポンサーリンク

関連記事

PAGE TOP