ブログ

【育毛剤×ドライヤー】で薄毛予防!目的・効果・やり方をご紹介します!

女性の薄毛対策にもっとも有効・期待・安心できるアイテムというと、多くの人が育毛剤をイメージするのではないでしょうか?

薄毛や抜け毛対策にベストなヘアケアアイテム・育毛剤は、シャンプーやトリートメントよりも丈夫な髪を生やす成分が充実して配合され、髪と頭皮の外側からダイレクトなアプローチができます。

そんな育毛剤は、毎日何気なく使っているドライヤーと併用すると、その効果を最大限に引き出せること、知っていましたか?

ここでは、育毛剤とドライヤーの気になる関係性、薄毛に役立つ使い方や気になる効果、注意点などのお役立ち情報をわかりやすくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

【育毛剤×ドライヤー】で薄毛予防!3つの相乗効果をまとめました

育毛剤とドライヤーの新しい薄毛予防対策は、それぞれのアイテムの役割を知ると、安心・納得して日々のヘアケアを進めていくことができます。

ここではまず、ドライヤーの主な役割・育毛剤との併用のメリット・相乗効果3選について見ていきましょう。

【育毛剤×ドライヤーの相乗効果①】雑菌の繁殖を防ぐ

「シャンプー・トリートメント後は、髪と頭皮に負担をかけないため、自然乾燥がよい」

というフレーズを目にしたり耳にしたことはありませんか?

実はこのヘアケアは大きな間違いで、髪・頭皮が濡れたままの状態が長ければ長いほど、雑菌が繁殖しやすくなったり、キューティクルが開いて栄養が流れ出てしまうリスクがあります。

ドライヤーは、時短で髪と頭皮を乾燥させ、頭皮環境を整えたり、適度に熱を与えることで薄毛のもととなる雑菌の繁殖を防ぎ、清潔で健やかな頭皮・髪の状態に仕上げる役割があります。

また、育毛剤にも雑菌の繁殖を防ぐ有効成分が配合されているため、ドライヤー×育毛剤は単体で使うよりもより清潔な頭皮に仕上げることができるんですよ。

【育毛剤×ドライヤーの相乗効果②】育毛剤の効果を引き出す

ドライヤーの役割・メリットは、単に濡れた髪と頭皮を乾燥させるだけではなく、育毛剤の効果を引き出し、髪と頭皮のコンディションを整える強みもあるんです。

育毛剤を使用してからドライヤーで温風・仕上げの冷風を髪・頭皮に当てると、

  • 育毛剤に配合された有効成分が浸透しやすくなる
  • 髪と頭皮の内部にたっぷりの栄養・うるおいが閉じ込められる
  • 育毛剤に良くあるべたつきを乾燥させてストレスフリーの状態に

などのメリットがあるため、育毛剤とドライヤーを単体で使うよりも、セット使いをした方が薄毛・抜け毛のトラブルへのアプローチが強力になるのです。

【育毛剤×ドライヤーの相乗効果③】まとまりやすい髪質に整える

ドライヤーを使うと、温風によって髪が徐々に乾き、まとまりのある髪質に整えることができます。

そして育毛剤には、丈夫な髪を生やすための成分に合わせ、髪・頭皮の乾燥を防ぐ保湿成分もブレンドされているので、ドライヤーとの相乗効果でスタイリングがしやすい髪質に整います。

濡れたままの髪を自然乾燥してしまうと、組織が開いた状態で乾燥させるため、うねりやハネの目立つ髪型に仕上がることも。

ドライヤーの熱は、20cm以上離して当てる・頭皮と髪全体にまんべんなく当てることで、髪のまとまり・ツヤを引き出すキューティクルを守るため、今ある薄毛をナチュラルにカバーできるメリットもあるんですよ。

【育毛剤×ドライヤー】美髪・健やかな頭皮環境に仕上げる使い方とは?

育毛剤とドライヤーでの美髪・健やかな頭皮環境に仕上げるための手順は、どちらが先なのかギモンに感じることもありますよね。

その手順が間違ってしまうと、育毛剤・ドライヤーそれぞれの機能・ふたつの相乗効果が活きなくなってしまうため、ここでは正しい使い方をしっかりとチェックしておきましょう!

育毛剤はドライヤーの後に使う

育毛剤×ドライヤーの正しい使い方は、

  • シャンプーとトリートメントで髪・頭皮を清潔な状態に整える
  • ドライヤーで髪を乾かした後に育毛剤を塗布する

という方法が基本になっています。

髪と頭皮に汚れが残ったまま育毛剤・ドライヤーを使ってしまうと、余計に汚れが蓄積したり、汚れによって育毛剤の浸透を妨げてしまうおそれがあるためです。

また、濡れたままの状態の髪に育毛剤を使っても、水分によって育毛剤の成分が薄まってしまうため、ドライヤーで十分に乾燥させてから使用するようにしましょう。

ただ、その育毛剤によっては、半乾きの状態の髪・頭皮に使って効果を引き出すタイプもあるため、商品のパッケージやボトルの内容を確認して使用することがオススメです◎

育毛剤とドライヤーの正しい使い方4ステップ

育毛剤の有効成分を、ドライヤーの温風でしっかりと髪・頭皮の内部に浸透・密着させるため、次の4つのステップを参考にし、今日からさっそく習慣付けてみてくださいね。

①シャンプー・トリートメントをしてタオルドライをする

シャンプー・トリートメントで髪・頭皮を清潔な状態に整えたら、皮膚・髪にやさしい素材といわれているコットンのタオルを使い、水分を吸い取る・ふき取るイメージでやさしくタオルドライをしましょう。

タオルドライの際は、指にチカラを入れたり爪を立てたり、タオルと髪・頭皮をこするようにゴシゴシしてしまうのはダメージ悪化の原因に。

頭皮・髪はイメージしている以上にデリケートなので、ソフトなタッチでタオルドライをするように心がけましょう。

②ドライヤーの温風で乾かし、冷風で仕上げる

タオルドライが完了したら、ドライヤーの温風を出して、根元から毛先、サイドや襟足などまんべんなく温風を当てて髪・頭皮を乾燥させましょう。

この際、やや湿り気がある具合に乾かすようにすると、頭皮・髪のうるおい不足によるダメージ悪化を防ぐことができます。

わすかに水分が残った状態に仕上げたら、開いたキューティクルを閉じて栄養を閉じ込めるためにドライヤーの冷風を髪全体に当てましょう。

この際は、髪の湿り気がなくなるまでしっかりと乾燥させます。

③育毛剤を塗布する

次に、頭皮に育毛剤を塗布し、指の腹・手肌を使ってまんべんなく馴染ませましょう。

④頭皮マッサージをしながら自然乾燥

育毛剤を塗布したら、より浸透力を高めるために頭皮マッサージをすると、徐々に血行が促進され、サラサラ・しっとりの美髪にまとまりやすくなります。

その後はそのまま、髪と頭皮にできるだけ触れないよう時間を置き、育毛剤が自然に乾くのを待ちましょう。

もし、育毛剤特有のべたつきや湿り気が気になった場合は、ドライヤーの冷風で軽く乾かすと、サラサラで根元からボリュームアップした美髪に仕上がりますよ。

【育毛剤×ドライヤー】で薄毛ケア◎上手な選び方をチェック!

育毛剤×ドライヤーの薄毛・抜け毛・ダメージケアは、意外にシンプル・手軽な方法で取り入れていくことができるとわかり、これからのヘアケアにもチカラが入りそうですね。

ここでは、育毛剤×ドライヤーの美髪・健やかな頭皮環境に仕上げる効果を十分に引き出すことができるよう、ドライヤー・育毛剤それぞれの上手な選び方について参考にしてみましょう。

育毛剤の効果を引き出すドライヤーの選び方

育毛剤に数多くブレンドされている栄養成分の効果を最大限に引き出し、髪と頭皮の内部にしっかりと補っていくためには、

  • マイナスイオンが出るドライヤーを選ぶ
  • 時短で髪・頭皮を乾燥させるドライヤーを選ぶ

ことが重要なポイント。

まず、マイナスイオンが出るドライヤーは、分子が細かく、密着力・浸透力に優れた水分を髪・頭皮全体に与えることができるため、髪が自然なツヤを出し、薄毛・抜け毛のトラブルをナチュラルにカバーするメリットがあります。

また、時短で髪・頭皮を乾燥させるドライヤーは、長く温風を当てずとも髪・頭皮を乾燥させるため、ドライヤーの熱ダメージが最小限に抑えられ、抜け毛や薄毛の原因を根本からなくしていくことができますよ。

ドライヤーの効果を活かす育毛剤の選び方

身近な店舗やインターネットの通販サイトでもたくさんのラインナップがある育毛剤。

ドライヤーの効果を活かしつつ薄毛・抜け毛にアプローチできる育毛剤の選び方は、

  • 頭皮にアプローチできる成分が配合された商品
  • 継続しやすい値段であること
  • 無添加や低刺激処方の育毛剤が安心

というポイントを押さえておくと、ドライヤーの効果・機能の活かしつつも、安心で心地よい薄毛ケアができるようになります。

育毛剤は、頭皮環境にアプローチできる成分配合の商品を選ぶと、丈夫な髪を生やすための土台となる頭皮環境が安定し、抜け毛や薄毛のトラブルを改善するだけではなく、予防にも一役買ってくれます。

また、薄毛や抜け毛、髪のダメージ、頭皮環境の乱れなど何らかのトラブルがある場合は、いつもよりも髪・頭皮の両方が繊細な状態になっているサイン。

添加物や刺激物は、薄毛や抜け毛の進行を早めてしまうリスクがあるので、低刺激・無添加処方の育毛剤を選び、安全なヘアケアにも着目してみましょう。

育毛剤は、毎日使い、長期間の継続使用が抜け毛・薄毛のトラブルを改善・予防するコツになります。

そのためにも、続けやすい価格かどうかをチェックしておくと、負担なく購入・商品リサーチが可能に!

とくに育毛剤は、市販の店舗よりも通販サイト限定商品の方が、初回購入限定価格・定期コースのオトクな価格を設定していることが多いので、育毛剤のキャンペーン情報も合わせて参考にしてみてくださいね。

要注意?【育毛剤×ドライヤー】の薄毛ケアの注意点3つを押さえておこう

育毛剤×ドライヤーでの薄毛対策・予防のヘアケアは、はじめて実践する女性にも手軽な方法となっていますが、いくつかの注意点もあります。

育毛剤・ドライヤーそれぞれのメリットを生かして、薄毛を徐々に改善・予防することができるよう、ここでは見落としやすい注意点3つについて参考にしてみましょう。

【注意点①】1点に集中してドライヤーを当ててしまう

育毛剤とドライヤーを使う際には、薄毛の気になる部分にピンポイントでドライヤーを当ててしまうことも少なくないのでは?

ドライヤーと育毛剤の薄毛ケアは、まんべんなく温風を当てることで育毛剤の成分を髪表面に密着・頭皮の内部に浸透させることができるため、1点にのみ集中してドライヤーを当てないように気を付けましょう。

集中して薄毛が気になるパーツにドライヤーを当ててしまうと、その部分の髪・頭皮にかかるドライヤーの熱ダメージが過剰になり、乾燥トラブルによってパサパサの髪質に変わってしまう心配が。

そのため、育毛剤を使ってドライヤーを当てる際には、

  • 常に温風を当てる位置を変える
  • 腕をこまめに動かして髪・頭皮の全体に温風を当てる

というふたつのポイントを心がけてヘアケアをしましょう。

【注意点②】髪・頭皮にドライヤーを近づけすぎてしまう

ドライヤーの吹き出し口から5cmの付近までは、もっとも高温な温風が出ていること、ご存知でしたか?

そのため、ドライヤーを髪・頭皮に近づけすぎてしまうと、育毛剤に配合された成分が分解・溶けてなくなってしまい、せっかくの育毛効果が台無しになる心配もあるのです。

また、高温の温風が髪・頭皮に当たりすぎると、髪の表面の温度が上昇するため、髪・頭皮の栄養を守るためのキューティクルが開き、そこからどんどんうるおい・栄養が流れ出ていってしまいます。

キューティクルへのダメージは、薄毛の進行はもちろん、髪の保護機能が果たせないことで切れ毛・枝毛・パサつき・頭皮のかゆみや不快感など、あらゆるトラブルを併発する心配があるので、20cm以上離してドライヤーを使うようにしましょう。

【注意点③】育毛剤を過剰に塗布してしまう

育毛剤とドライヤーの相乗効果を期待すると、育毛剤をたっぷりつけてドライヤーを使った方が効果が高いイメージを持つものですよね。

ですが育毛剤は、その商品によって効果を引き出せる目安の塗布量が決まっていて、たくさんの量を塗布しても、効果が高まることはないと言われています。

また、育毛剤を指定の目安以上にたくさん塗布してしまうと、髪のべたつき・かゆみ・赤みや炎症につながってしまうこともあるため、過剰な塗布は髪と頭皮に余計なダメージを与えてしまうことがあるのだと、今までの使い方を射直してみましょう。

~おわりに~

新しい薄毛・抜け毛対策のメソッド・ドライヤー×育毛剤のヘアケアは、髪・頭皮環境のよりよい変化に気付くことができそうですね。

薄毛や抜け毛が気になる女性が何気なく使っていた育毛剤×ドライヤーも、ちょっとの工夫で美髪・健やかな頭皮環境に仕上がることを意識して、今日からのヘアケアをより丁寧に・効率的に進めていきましょう!

スポンサーリンク

関連記事

  1. 髪の毛 ダメージ
  2. 頭を洗う女性
PAGE TOP