ブログ

女性の薄毛は20代にも増えている!?気になる原因・健やかな美髪を取り戻す方法

女性の薄毛は、どちらかというと40代以上の年齢を重ねた女性の髪・頭皮のトラブルというイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?

実は女性の薄毛は、20代などの若い世代の女性にも増えていて、もともとの髪質や頭皮環境にかかわらず、誰にでも起こり得るトラブルと言われているんです。

髪・頭皮ともに若々しく、成長過程にあるはずの20代女性なのに、いったいどうして薄毛・抜け毛・頭皮環境の乱れなどのトラブルが起こってしまうのでしょうか?

ここでは、20代女性本来の生まれたてのような美髪を取り戻すことができるよう、薄毛の気になる原因とオススメのセルフケア・クリニックで受けられる施術法などをわかりやすくご紹介していきます。

スポンサーリンク

20代女性の薄毛が急増中!?気になる症状・特徴とは…!?

20代女性は、細胞・頭皮環境・髪質そのものが、年齢を重ねた女性よりも若々しく、活性化しているので、薄毛とは無縁・薄毛にはならないとイメージすることが一般的ですよね。

ただ、髪はちょっとしたきっかけでも抜けやすいデリケートなもの。

そのため、多少の抜け毛であれば20代女性の場合は、薄毛・脱毛のトラブルだとは深刻には捉えない部分もあり、見極めも難しいですよね。

ここでは、今の頭皮環境・髪質が安定しているのかを判断するため、20代女性に起こりやすい抜け毛・薄毛の症状と特徴について参考にしてみましょう。

びまん性脱毛症

20代女性の薄毛が増えていることは真実・大きな問題として深刻になっているのですが、20代などの若い女性の薄毛には、

  • 抜け毛が増え始める
  • 頭皮全体が薄くなってくる
  • 地肌の透けが目立ち始める

などの特徴・症状があり、これを「びまん性脱毛症」といいます。

20代女性の場合は、薄毛のトラブルを把握してはいても、仕事・家事・育児・プライベートのすべてが忙しく、なかなかヘアケアに多くの時間をかけられないことも現状なのではないでしょうか?

ですが20代女性に増え続けている薄毛・びまん性脱毛症は、放置すればするほどに、

  • 分け目のまわりの地肌が透け始める
  • 後頭部から頭頂部にかけて、丸形に地肌が透けて見える

などの症状に悪化しやすいリスクがあり、決して他人事ではない髪と頭皮のトラブルとなっているのです…!

産後脱毛症

20代女性に多く見られている薄毛・抜け毛の症状のひとつ、産後脱毛症は、出産後に女性ホルモンのバランスが崩れることで起こると言われています。

出産後脱毛・産後はげなど、ちょっぴりネガティブな呼び方がされることもある産後脱毛症は、妊娠中は比較的高い濃度で分泌されていた女性ホルモンが、出産後は一気にそのレベルを下げてしまうことで起こり、

  • 抜け始める時期
  • 抜け毛が落ち着く時期
  • 髪の毛が抜ける量

には個人差があります。

ただ、産後脱毛症の場合は、産後の一時的な頭皮・髪のトラブルと言われているので、のちのライフスタイル・睡眠の質・食事の栄養バランスに気を付けて過ごすことで、自然に改善・治癒できるケースもめずらしくはないんですよ。

牽引性脱毛症

20代や30代前半の若い女性に起こりやすい抜け毛・薄毛のトラブル、牽引性脱毛症とは、

  • 頭皮に過剰な摩擦、刺激がかかる
  • 頭皮と髪へのダメージが血行不良を起こす
  • 刺激を受け続けた髪の一部分が薄くなる

などの特徴があり、牽引症脱毛の牽引とは、髪を引っ張る・刺激を与えるという意味があります。

20代女性にもっとも起こりやすい牽引性脱毛症は、間違ったヘアケアやヘアアレンジの際の過剰な刺激、長期間同じ髪型をしているなどの原因があり、このトラブルは髪質・体質・遺伝的な要因にかかわらず、誰にでも起こり得る脱毛症のひとつといわれています。

若いのにどうして?20代女性の薄毛にはこんな原因が隠れているのかも…

年齢を重ねた女性に比べると、20代女性の髪質・頭皮環境は、健康的で若々しく、誰もが憧れ、羨ましく思うもの。

そんな美点がたくさんある20代女性なのに、いったいどうして薄毛女性が増え続けているのでしょうか?ここでは、20代女性の薄毛の根本的な原因について一緒にチェックしてみましょう。

髪と頭皮の紫外線対策がおろそかになっているため

20代女性は、紫外線ダメージによる意識がとても高いものの、それは顔・ボディに限定され、頭皮や髪のUV対策はおろそかになっていることもあるのではないでしょうか?

髪と頭皮の紫外線対策がおろそかになっていると、光のダメージによって細胞が傷つき、老化・酸化のスピードが速まってしまいます。

特に髪や頭皮は、顔やカラダよりも紫外線をダイレクトに受けやすいパーツとなっているため、紫外線対策がおろそかになると、

  • 頭皮が硬くなり、ヘアケアアイテムの成分が行きわたらなくなる
  • 血行不良によって頭皮が冷えたり、代謝の機能が不安定になる

などのリスクから、薄毛・脱毛が深刻・長期化しやすくなるのです。

頻繁にヘアカラー・パーマをしている

20代女性は、好奇心が旺盛で、ファッションやトレンドにも敏感、どの世代よりも思いっきりオシャレを楽しめる特権がありますよね。

ですが、頻繁にヘアカラー・パーマをかけてしまうと、頭皮環境の悪化・髪質の変化から、薄毛・脱毛につながってしまうことがあるのです。

その理由は、ヘアカラー・パーマは、少なからず頭皮・髪に良くない影響を与えてしまう、添加物・刺激物の使用が多いため。

過度にヘアカラーやパーマをかけてしまうことは、髪と頭皮に頻繁に刺激物・添加物を与えることとイコールになるため、

  • 毛穴が詰まりやすくなる
  • 毛根にダメージがかかり、丈夫な髪が生えにくくなる

などのトラブルから、抜け毛・薄毛につながることがあります。

ハードなダイエットによるもの

20代女性は、オシャレや美容、ボディスタイルの意識がとても高いので、ときにハードなダイエットを続けることもめずらしくはないですよね。

20代女性が実践することの多い、食事制限やファスティング、置き換えなどのダイエット方法は、丈夫な髪を生やし、健やかな頭皮環境のための栄養が十分に摂取できなかったり、必要な栄養が分解・排出されてしまうこともあります。

カラダ・ココロの両方に無理がかかるダイエットは、血液のめぐりが悪くなるだけではなく、ガマン・ガマンの連続となるため、ストレスを感じやすく、薄毛・抜け毛の改善・予防までに長い時間がかかってしまいます。

20代女性の薄毛はヘアケアが基本!正しいシャンプーの方法を押さえておこう

20代女性の薄毛は、頭皮・髪にダイレクトにアプローチできる、日々の正しいヘアケアが基本になります。

丁寧にシャンプー・トリートメントをしていても、思うように薄毛・抜け毛の改善ができないと感じた時、それはもしかすると、根本的な改善策となるヘアケアが間違っている可能性も。

今日からさっそく始められる、20代女性の薄毛の正しいヘアケア・シャンプー・トリートメント・ドライヤーのやり方について参考にしてみましょう。

ファーストステップはブラッシングから

髪を洗う前には、髪・頭皮の不要な汚れを払い落とすために、丁寧にブラッシングする習慣を持ってみましょう。

ブラッシングは、髪と頭皮の汚れを払い落とすことで、シャンプーの泡立ち・泡質を良くしたり、適度に皮脂が分泌されるため、艶やかで乾燥しにくい髪質・頭皮環境に導いてくれますよ。

予洗いからシャンプーへ

1分程度の時間をかけ、髪と頭皮をぬるま湯で丁寧に洗い流します。

次に、500円玉硬貨よりやや小さめの量のシャンプーを手に取り、手の上で泡立てましょう。この時、髪の上に直接シャンプーをのせて泡立てると、余計な摩擦や刺激がかかり、毛穴へのダメージ・乾燥しやすい髪質に変わってしまうことがあるので、要注意ですよ。

シャンプーで髪を洗う際には、指の腹を使って爪を立てず、頭皮マッサージをするイメージを持ってリズミカルに頭皮をくまなくマッサージしましょう。

トリートメントの使い方

シャンプーを3分程度の時間をかけて、丁寧にじっくりと洗い流したら、軽く水を切ります。

次に、100円玉硬貨よりやや大きめの量のトリートメントを手に取り、頭皮を避けて毛先を中心に丁寧に馴染ませ、5分から10分程度置きます。

20代の薄毛の基本のヘアケアとなるトリートメントでも、頭皮にたくさんつけてしまうと毛穴がふさがり、ニオイやべたつきの原因になることがあるため、トリートメントは毛先・サイドを中心に塗布するようにしましょう。

洗い流し~ドライヤーまで

トリートメントも、シャンプーと同じように3分程度の時間をかけてじっくりと洗い流しましょう。

その後、髪と頭皮を決してこすらず、タオルで押さえるようにしてタオルドライをし、できるだけ時間を置かずにドライヤーを当てましょう。

シャンプー・トリートメント後は、お湯による熱や洗い流しによって、キューティクルが開き、いつも以上に頭皮・髪がデリケートな状態になっています。

時間を置かずにドライヤーをかけることでキューティクルへのダメージが最小限に抑えられ、最後に冷風をまんべんなく当てるようにすると、髪の内部に栄養が閉じこもります。

20代女性の薄毛にこの方法!ライフスタイルの過ごし方は?

20代女性の薄毛は、カラダの中からもケアできる、ライフスタイルの過ごし方も押さえておきたいポイント。

20代女性がすぐにはじめられる手軽な方法ばかりをまとめてみましたので、前向きな気持ちでチェックしてくださいね。

髪・頭皮によい栄養成分について

20代女性の薄毛は、その状態・原因にかかわらず、身近な食材から必要な栄養成分をバランス良く補うことができます。

20代女性の薄毛に役立つ、今日から摂取したい食品と、気になる栄養成分を見ていきましょう。

  1. 大豆製品×イソフラボン:女性ホルモンのバランスを安定化し、しなやかな髪を育てる
  2. 肉類・魚類・乳製品×タンパク質:髪の材料となるケラチンを産生する
  3. 魚類・バナナ・ナッツ類×亜鉛:ケラチンの合成を促す
  4. 緑黄色野菜・フルーツ×ビタミン、ミネラル群:血行を促進して頭皮環境を整え、丈夫な髪を生やしやすくする

いろいろなヘアアレンジを楽しんで髪・頭皮の刺激をなくそう

20代女性の薄毛の原因は、髪や頭皮に刺激を与えたり、同じ髪型ばかりで分け目に変化をつけない、牽引性脱毛症であることをお伝えしました。

20代女性多い牽引性脱毛症を未然に予防、徐々に改善するためには、毎日同じヘアスタイルで定着してしまうよりも、いろいろなヘアアレンジを楽しみながら、20代女性本来の若々しさと魅力を発揮し、髪と頭皮にも摩擦・刺激を与えないことが肝心。

そのため、

  • 分け目を同じにしている:分け目をたまに変えると、同じ部分に刺激や摩擦がかかりにくくなる
  • ゴシゴシとこするようなヘアアレンジをしている:ヘアアレンジの際はナチュラルな雰囲気が魅力の、ふんわりとやさしくまとめる意識をもつ

というポイントを押さえておくと、髪・頭皮の一部分に集中的に刺激がかからなくなり、牽引性脱毛症の原因そのものを解決していくことができますよ。

お酒を控えめにする

20代女性は、ビジネス・プライベートともに人間関係が充実しているので、お酒を呑む機会もそれなりに多いのではないでしょうか?

ストレス解消やリフレッシュに役立つお酒でも、過剰にアルコールを摂取してしまうと、

  • 睡眠の質が低下し、丈夫な髪を育てるための成長ホルモンが分泌されにくくなる
  • ケラチンなどの栄養成分が分解されてしまう
  • 男性ホルモンが優位に立ち、薄毛が進行する

などのリスクがあると言われているんです。

お酒はできるだけ控えめに、眠る前の摂取を避けるよう、今までの飲酒習慣を見直すようにしてみましょう。

20代女性の薄毛に!クリニックではどんなことができる?

20代女性の薄毛が深刻化し、セルフケアでは追い付かないと感じると、クリニックでの治療を検討するケースもありますよね。

薄毛専門のクリニックでは、

  • 女性ドクターによる治療がOKのクリニックが多数
  • カウンセリングの時点でそれぞれに合わせた治療法を提案してもらえる
  • 国からも女性の薄毛に効果があると認可されたミノキシジルなどでの治療が受けられる

などのメリット・特徴があり、セルフでは対応しきれない20代女性の薄毛も、比較的短期間で改善・予防することができるため、クリニックのホームページや実際に治療を受けている人の口コミなども一緒に参考にしておいてくださいね。

~おわりに~

人生でもっとも旬・華やかな世代となる20代女性ですので、薄毛は深刻・コンプレックスにつながりやすいトラブル。

20代女性の本来の明るく、若々しい笑顔と健やかな頭皮環境、生まれたてのような美髪を目指すため、ヘアケア・ライフスタイルを正しい在り方を、さっそくモノにしていってくださいね♪

スポンサーリンク

関連記事

  1. 薄毛を気にする女性
  2. ジョギングをする女性
PAGE TOP